This page:住宅ローン返済で泣く前に計画を!住宅購入Q&A TOP > > 新生銀行 住宅ローン

新生銀行 住宅ローン

新生銀行は大手都市銀行やインターネット専業銀行などと比べても口座のサービスや、預金金利、資産運用のコンサルティングなどに非常に強い銀行です。

住宅ローンは・・・・・・・


融資実行までに必要な諸費用の内、「保証料」「繰上返済手数料」「団体信用生命保険料」が0円なので、コストの面でも強いといえます。

また借り換えにも強く、通常の金融機関なら借り換えの際に「借り換えの場合、借入期間は現在の住宅ローンの残存期間以内」・・・という制限があるところ、新生銀行なら残存期間に関係なく最長35年の借り換えも可能です(完済時79歳まで)。

住宅ローンで重要な「金利」「手数料」「サービス面」で、新生銀行のメリットを紹介していきます。

変動、固定共に最低水準の金利

新生銀行の住宅ローンは 変動金利、固定金利ともに非常に
有利な金利で、大手都市銀行やインターネット専業銀行と比較しても最低水準です。

金利タイプは「変動金利」「当初固定」「長期固定」「10年間特約つき変動金利」「ミックスローン」から選ぶ事が可能です。

それぞれの金利タイプイメージは下図の通り。

10年間特約つき変動金利タイプには「パワーフリーズ機能」が付いていて、
変動金利からいつでも電話一本で固定金利に変更できます。

当初固定タイプは当初借入金利適用期間終了まで金利を固定するので、
期間終了後には変動金利か固定金利を選択する事になります。

また単純に金利のみを比較した場合でも、
新生銀行の金利は大手メガバンクと比較すると一目瞭然で、
かなり有利な住宅ローン金利を設定しています。

  三菱東京UFJ みずほ銀行 三井住友銀行 新生銀行
期間
固定20年間(2012年9月)
金利 3.400% 3.500% 2.920% 2.100%


 ※変動実質金利比較表(2012年4月時点)

さらに、次項で解説する手数料を考慮した実質金利では、今最コストパフォーマンスの高い住宅ローンの一つと言えます(2012年4月時点)。


金利プランや組み合わせによる金利ミックスなどは、
新生銀行の住宅ローン専用コールセンターが相談に乗ってくれますし、
各主要都市で住宅ローン店舗があるので、「相談して決めたい」方も安心です。


新生銀行の住宅ローン手数料

主な住宅ローンのコストは事務手数料や団体信用生命保険料、保証料等に加えて利息分、そして返済中の繰上返済手数料です。

とかく「金利」に目が行きがちですが、金利以外にも注目すると大手都市銀行の住宅ローンとのメリット差がさらにハッキリします。

新生銀行住宅ローン 3つの「0円」
・保証料 0円

多くの都市銀行の場合は必要ですが、新生銀行では必要ありません。

保証料は借入金額に応じて設定されますが、3000万円程度の借入なら約60万円が必要で、それがそのまま初期コストとなるので、非常に負担が大きくなります。

新生銀行は借入額に関らず保証料は0円なので、トータルコストで大きく寄与しています。

保証料は、万一支払いが滞った場合、借主に代わり支払を立て替えてくれる保証会社に対して支払う手数料のことを言います。いわば貸主である銀行にとっての保険で、その手数料を借主が負担している事になります。

保証会社が借主に代わって支払ってくれるといっても、残債務が目減りする訳ではありません。今度は銀行の代わりに保証会社に返済しなければならないのです。

”保証”と聞くと安心というイメージがありますが、実は借主ではなく、貸主(銀行)にとっての安心という訳です。新生銀行は保証会社を利用せず、その分を保証料0円として還元していますので、借主にとって大きなメリットといえます。


・繰上げ返済手数料 0円
繰上返済手数料は、金融機関により5,000円から30,000円ほど必要なケースもありますが、新生銀行の場合はいつでも0円です。また、1円以上1円単位で繰上返済できますので、数か月貯めてから繰上返済する必要もありません。返済方法もインターネットと自動繰上返済を選択できますので、気軽に返済でき便利です。

・団体信用生命保険料 0円
もちろん、団体信用生命保険も0円(銀行負担)ですので、万が一の際の残債務も安心です。

新生銀行 住宅ローンのサービス

新生銀行で住宅ローンを組む事で利用可能なサービスがあり、
大きなメリットなので要チェックです。

■新生プラチナのサービス利用が可能に

新生銀行は顧客の利用状況に応じて3つのステージを用意していて、
「新生プラチナ」は最上級のステージになります。

新生プラチナになると、「他行宛振込手数料が月に10回まで無料」や
キャンペーン時の定期預金金利の上乗せなど、有利で便利なメリット
が用意されています。

他にもプラチナダイアルやプラチナ専用セミナーなど、
新生銀行の専用サービスが用意されます。

新生銀行の住宅ローンには金利を含めて様々なメリットもありますが、
何よりも「専門家に相談できる」点でもおすすめな住宅ローンなので、
新規や借り換えなどで悩む方は一度相談されるのをオススメします。 

 
>>>新生銀行住宅ローンの詳細・資料請求はこちら

 

人気の住宅ローンキャンペーン
住宅ローンオススメプラン
住宅ローンの減税制度について

cms agent template0035/0036 ver1.001