This page: > 欠陥住宅の対策 > 地盤と基礎のあれこれ

地盤と基礎のあれこれ

どんなにカンペキな家でも、建てる場所が悪かったり、地盤が悪かったりすると家自体が傾いてしまったりします。 欠陥住宅じゃなくても、建てる場所が欠陥だったというケースですね。まぁそれも欠陥住宅なのですが・・・ 家ばかり見るのではなく、地盤などの知識もしっかりと学ぶことで、より住み心地の良い家を目指していきましょう!

良い家の基本は地盤と基礎

良い家

土地探しの際は、利便性などの立地や日当たりなどというところに
ばかり目がいきがちです。

しかし、それより以前に、地盤がどういう状態かということを知ることが
大事だと思います。そしてその上で家を支える基礎についても。
建物そのものの構造や性能も大事ですが、この2つをおろそかにして
いい家にはなり得ません。

たとえば、地盤沈下は家の傾き・ゆがみをひきおこします。
そして基礎においても、多くの家が倒壊した阪神・淡路大震災を例に
あげると、あの倒壊は基礎が原因となったものが多いといわれています。

基礎がつぶれたために家が大きくゆがみ、倒壊したということですね。
地盤が弱く基礎もダメな上に建つ家なんて、例えていうなら
歯槽膿漏の歯茎に支えられた歯のようなものですよ^^;

いくら上に乗っかっている歯がきれいで丈夫でも、グラグラしていては
何の役にもたたないのと同じです。

地盤のチェックポイントを知る

まずは地盤から見ていきましょう。
水害が多い地域の地盤はゆるいと考えていいと思います。

他と比べて低地にあるところなどは要注意ですね。
そして自分たちの記憶上で大雨・洪水の被害が出たところ。
さらに具体的に知りたい場合は、市役所などで洪水ハザードマップを
みせてもらうのがいいでしょう。

浸水予測などが載っていますので分かりやすいですよ。

また、地名に水に関する字や「さんずい」が含まれている場合も
注意した方がいいでしょう。地名というのは土地の履歴を教えてくれる
大きな手がかりとなります。

ざっと水に関する字・「さんずい」のつく字をあげてみましょうか。

水・川・河・沼・池・滝・泉・海・湖・港・津・潮・流・江

他にもいくらでもあります。
あと、「田」とつくところも要注意ですね。
かつて水田地帯であった可能性が高いですから。
しかし、昔とは地名が変わっているケースもよくありますので、
現在こういった字がついてない=安全、とは限らないのですよ。

図書館などで古い地図などがあれば見て、かつての土地の用途を
知っておくのも有効な手段だと思います。

そして、もうひとつ忘れずチェックしておきたいのは
周辺住戸の基礎と外壁。何軒かチェックしてみて下さい。

たとえば基礎なら床下換気口周りにもれなくヒビが入っているようなら
その地域の地盤に問題がある可能性大と判断してもいいでしょう。

あとは、アスファルトに大きなヒビが入っていたり、
波うったような状態になっていたりするのも要注意です。

また見た目では分かりにくいレベルのくぼみであっても、
雨の日の翌日などに水たまりが他より残っているようだと
地盤沈下している可能性があります。

建築予定地そのもののチェックとしては、前述のアスファルトと同じく
水たまりがずっと残っているなど、他と比べて水はけが悪い場合は要注意。
それだけ土の中に水分を含んでいる時間が長いということですから。

あと、細い鉄の棒か何かで、その土地をブスブスと挿してみるのも
いいかもしれません。同じ土地でも地盤の強いところと弱いところが
あるというのが分かりますよ。

(これは一応、業者に許可を得てからやるようにして下さい^^;)

地盤調査報告書をもらいましょう

地盤チェック

地盤チェックは、前述の自己チェックだけでは不十分です。
自己チェックはあくまで「土地検討における、初期段階の絞りこみ」であって、
これにクリアしただけでは地盤が安心とはいえないからです。

地盤調査報告書をご存知ですか?
これは、その名のとおり地盤を調査した内容を詳しく記したもので、
地盤の強さをしめす地耐力を知ることができます。
この調査結果をもとに、地盤補強が必要かどうかを判断するわけです。
これはきわめて重要ですから、業者にこの報告書のコピーを
請求してみましょう。

すでに調査済みですんなり出してくれるか、もしくは近日中に
調査予定があれば教えてくれるのが本来好ましい状態なのですが、
そうでない場合は、こちらから要求するしかありません。

この場合、調査費を数万円ほど請求されるケースもあると思いますが…

地盤調査は何ヶ所かをチェックします。同じ土地の中でも、
地盤の固さは均一ではないからです。

で、この地盤調査報告書は、正直言ってもらっても素人には
内容がよく分からないと思います。

とりあえず、意味が分からなくてもいいですから、最低限見ておきたい
ポイントとして「N値」というものが3以上あるかどうかをチェックしてみましょう。
3に満たない場合は問題ありと考えていいと思います。

そしてさらに、インターネットで意見を仰いでみるのもいいでしょう。
インターネット上の回答者は全てが正しい答えをくれるわけでは
ありませんが、役立つ回答をくれる人も少なくありません。

その道のプロのアドバイスをタダで聞ける、ということもよくありますよ^^

ちなみに建売住宅や建築条件つきの物件で、
これを出さない業者は避けたほうが賢明でしょう。
「しっかりしてるから大丈夫ですよ」と口だけで言われても
証拠は何も残りません。

地盤補強とは?

さて、自己チェックと、地盤調査の結果、あなたが求めていた
土地の地盤に問題があった場合はどうなるのでしょう。

「あーあ、ここ気にいってたのに、地盤弱いんじゃダメかあ…」と
いきなりあきらめる必要はないんです、実は。
地盤の強度におうじてさまざまな補強・改良方法があり、
適切な対処さえすれば、問題なく家が建てられるところがほとんどです。

ただ問題は、やはり「お金がかかる」ということなんですよね^^;
これにかかる費用は、地盤の状態によって数十万から数百万とかなり
幅があります。土地購入の際はこの金額も含めて考えないといけませんね。

一番やってはいけないことは、施主側が「もったいないからまあいいや」と、
地盤補強・改良を断ってしまうケース。

信じられないかもしれませんが、こんな重要なことをケチる人も
いるそうです。これはもう本末転倒もいいところですね。
お金がかかるといっても、上にのっかる建物に比べれば安いものです。

地盤の問題を軽く考えて、もし地盤沈下などが原因で建物に不具合が
起こったとしても、調査を断った以上施主の自己責任です。

それでもいいと思っているのでしょうか、こういう人は…^^;

布基礎とベタ基礎について

さて、一般的によく使われる基礎の形といえば、
布基礎とベタ基礎があげられます。

まず布基礎とは、家の土台にあたる部分に、帯状に設置する
基礎のことです。真上から見ると、鉄筋コンクリートでできた
基礎の枠が見える形になります。

しかしこの基礎はそのままだと枠以外のところは土が見えるため
土の湿気があがってきたり、シロアリの被害にもあいやすかったりという
欠点があったので、最近ではこの土の部分にもコンクリートを入れる
方法をとることが多くなっているようです。

ちなみにこの布基礎の断面図はアルファベットのTを逆さにした形となります。
一方ベタ基礎は、土台部分だけでなく、地面と接する底面にも
鉄筋コンクリート基礎を使います。

全体的な形のイメージとしては、お弁当箱のフタをとったような感じです。

枠と底面が一体化しているので、基礎全体で建物を支えるため、
耐震性・安定性にすぐれています。

また、厚い鉄筋コンクリートが底面にも敷かれていることで、
内部を完全に土から遮断するので、湿気やシロアリ被害についても、
布基礎よりダメージとリスクは大幅に軽減されるといえます。

また、布基礎は強固な地盤にしか設置できませんが、
ベタ基礎はこの地盤についても、多少の問題ならカバーしてくれます。

たとえ地盤の一部が沈下しても、弁当箱状の基礎は
ちょっとやそっとじゃ傾いたり崩れたりしません。とはいえ、
いくらベタ基礎でも弱すぎる地盤にはさすがに対応しきれませんよ^^;

布基礎より守備範囲は広いけど、万能というわけにはいかない
ということです。

以上の比較内容から、個人的にはベタ基礎を断然おすすめします。
実際、私の場合実家は布基礎、我が家はベタ基礎ですが、
ベタ基礎のほうがかなりカラっとしていると感じています。

地盤に少しでも不安がある場合は、とくに布基礎は避けるべきだと思います。
一部でも地盤が沈下したら、その部分から基礎もひび割れてきますからね。

コンクリートは厚めに、鉄筋はピッチを狭く

コンクリートの壁

地盤とともに、建物を支えてくれる大事な基礎。
基礎は鉄筋とコンクリートで構成されています。鉄筋は引っぱる
力に強いが圧縮に弱い、一方コンクリートは引っぱる力には弱いが
圧縮には強い。

この2つを使うことによって、お互いの弱点をカバーできるわけです。

この基礎も、厚みがあって頑丈な方がいいに決まっていますが、
具体的にはどの程度を考えればよいでしょうか?

建築基準法では、立ち上がり部分の基礎の幅(厚み)の
最低ラインは12センチとなっています。

では、この12センチとは何を根拠にした数字でしょうか。

基礎のコンクリートは、中にある鉄筋の保護の役目も果たしています。
コンクリート自体はアルカリ性なので、中にある鉄筋を錆からも
守ってくれるのですが、このコンクリートも年月がたつと、
外気との反応でじょじょにアルカリが抜けていき、中性化していくのです。

中まで完全に中性化してしまうと、鉄筋は一気に錆びやすくなります。
錆びると鉄筋が膨張→中からコンクリートが割れてくる、
といった最悪の事態を招くこともあるわけです。
この中性化は、10年で約1センチずつ進むといわれています。

で、さきほどの12センチとは、その基礎の鉄筋にたいする
コンクリートのかぶり厚(鉄筋を覆うコンクリートの厚み)を、
建築基準法で定められた4センチ確保できる、という条件を何とか
みたすことができる厚さなのです。

かぶり厚が4センチあれば理論的には中性化に40年以上かかる
ということですね。しかし、鉄筋の多少の傾きや施工の中での
誤差を考えると、全ての立ち上がり部分で4センチのかぶり厚を
確保できる保証はありません。

基礎の厚みがたった12センチではかなりこころもとない、といえます。
できれば15センチ以上あったほうが安心といえるでしょう。
より長く中性化に対応できますし、もちろんコンクリートが多い分だけ
基礎自体も丈夫になります。

建売住宅などでも、基礎にどれだけの幅をとっているかは、
「家」にたいする業者の姿勢を見る、ひとつの判断基準に
なるのではないでしょうか。

また、基礎にとってもうひとつの重要な構造材・鉄筋についても
できるだけピッチ(間隔)が狭いものがより強固な基礎を作れます。
建築基準法の最低基準はピッチ30センチ以内となっていますが、
20センチ・15センチなどの方がより好ましいといえます。

基礎は家の出来を大きく左右する、きわめて大事なものです。
契約前にしっかり内容を確認しておきましょう。

基礎工事をチェックしよう

家の建築において、もっともトラブルや問題が発生しやすいのが
基礎工事です。

しかも基礎はあとで欠陥がみつかったとしても、
補修・補強はそう容易にできるものではありません。
基礎工事をきちんとやってもらうことは、いい家作りに欠かせないことです。

ですからここは目を光らせておきたいところ。

特に、鉄筋を組む「配筋工事」が始まるころからは、
できるだけ現場に足を運んでこまめにチェックすることを
強くおすすめします。

まずは鉄筋のピッチが契約どおりきちんと守られているかどうか、
まっすぐ立っているかを見ましょう。そしてコンクリートを流すために
組まれた型枠と鉄筋の距離も測り、かぶり厚が確保されていることも
きちんと確認しておきます。もちろん基礎そのものの厚みも。

あと、基礎と土台をつなぐアンカーボルトという金具のチェックも大事です。
これは基礎の中央にまっすぐ立てられているかどうかをチェックしましょう。
また、このアンカーボルトは、コンクリートを流しこむ前に
鉄筋に固定して設置するやり方をおすすめします。

これ以外の方法としては、流し込んだあとに田植えのように
コンクリートに埋めこんで設置するやり方がありますが、
この方法は位置や高さのズレなどが生じやすいとされますので
避けたほうが賢明でしょう。

そして型枠にコンクリートを流しこむ「打説工事」。
ここでもっとも注意しないといけないのは、コンクリートに余分な水を
加えられないか、ということですね。

コンクリートはほんの少し水分が増えただけでも、
その強度は著しく低下してしまい、いわゆる「シャブコン」が
できあがってしまいます。

ですから、この工事はまず雨の日におこなってはいけません。
人為的に水を加えるのはもってのほかです。

そして、流しこみに時間がかかってしまうと、先に流したコンクリートから
どんどん固まり始めてしまい、コンクリートが一体化しません。

「コールドジョイント」と呼ばれる、強度が低下した欠陥状態に
なってしまいますので、作業は手早くおこなわなければいけません。
ですから打説工事にはコンクリートポンプ車の使用を強くおすすめします。

ここからはしばらく養生が必要です。
型枠を外すまでには夏場は3日以上、冬場は5日以上が目安です。
型枠が外れたら、基礎の状態をよく見ておきましょう。

きれいでなめらかに仕上がっていますか?
表面にクラック(ヒビ)や、何かがはがれたようなあとや、
石のかたまりのような玉状の形のものが見えたりしたら、危険信号です。

床下換気口・基礎のパッキンチェック

フローリングの床

床下の換気は、昔ながらの床下換気口を開けるか、
近年主流になりつつある基礎パッキンを使うか、このどちらかの
方法をとるのが主流です。

まず床下換気口工法についてはみなさんにとってもおなじみなので、
説明の必要はないと思いますが、この換気口が開けられた際、
換気口の四隅にひびが入っていないかどうかは必ずチェックして
おいたほうがいいと思います。

基礎で、最初に割れてくるとしたらまずここからですから、
施工段階でいきなりひびが入っていてはお話になりません。

一方、基礎パッキン工法というのは、基礎に換気口を開けるのではなく、
基礎と土台の間に強固な樹脂製のパッキンを使い、基礎と土台間に
隙間を作ることによって換気するという方法です。
基礎パッキンの設置をしてから上に土台をのせ固定します。

床下換気口と比べて周囲ほぼまんべんなく通気でき、
特にコーナー部分の空気のよどみが激減するので、
より湿気がたまりにくいといわれています。

また、基礎に穴を開けなくてすむので、耐震性にもすぐれていると
考えられます。おまけに基礎と土台を離してくれるので、
基礎のコンクリから上がってくる湿気も土台まで届かないように
してくれるというスグレもの。

しかし、基礎と土台の間をこの基礎パッキンで支えることに
なりますから、設置がおろそかだと危険です。

まず荷重の大きいコーナー部分と柱の下に、必ず基礎パッキンが
あることが大前提となりますので、これだけは確認しておきましょう。

一例ですが、土台までができ上がった時点で、
柱の下に基礎パッキンがないことを施主が指摘したら、
基礎パッキンを切ったりしてあとから基礎と土台の間に挟みこんで、
「これで大丈夫」なんていいかげんなことをする業者もあったようです。

これでは当然固定されているわけがありませんから、
地震でもあろうものならはずれ落ちてしまう可能性があります。
ついでに、土台を固定するアンカーボルトの締めつけ具合も
きっちりチェックしておいて下さい。

また、ナットの穴の上にちゃんとねじが出ていなくてはなりません。
ナットの穴の中でねじが収まってしまうようでは、ナットが緩んだら
はずれてしまいかねませんからね。

アンカーボルトは土台と基礎をつなぐ命綱ですから、大事に考えましょう。

edit

人気の住宅ローンキャンペーン
住宅ローンオススメプラン
住宅ローンの減税制度について

cms agent template0035/0036 ver1.005