This page: > 欠陥住宅の対策 > 建築作業現場の確認

建築作業現場の確認

自分の家を建てると決まった後も、専門業者にまかせっきりにしていると、不安になりませんか?大切な家ですもんね^^ワタシは何度も何度も足を運んで見に行きました。 いったいどこを見ればよいのか?素人でもチェックができるポイントはあるのだろうか?少しでも欠陥部分を見抜くために、チェックすべき場所、その方法について解説。

職人&現場のチェック!

建築現場のチェック

さて、あなたが「家を建ててもらおう」と考えている業者で、
ちょうど建築中の物件があれば、ぜひ見てみましょう。
業者にわざわざ「見学したい」と頼むのではなく、
通りすがりとして外から見てみるのです。

ここでおもに見るのは、職人たちの仕事ぶり。
適度な緊張感を保って、まじめに仕事していますか?ヒマをもてあましたり
笑ってよそ見ばかりしながら仕事をしている職人はいませんか?

また、現場にゴミなどが散乱していないかどうかも注目です。
ヘタをすれば基礎の下など見えないところにもゴミ・廃棄物が埋められている
なんて可能性もあります。

おまけに、こういった緊張感とマナーが欠けた姿勢で仕事をしている職人は、
総じて他の点でもルーズで無神経です。

これは私の実家の近所で実際にあった話ですが、
実家は3階建のいわゆる「ミニ戸建」が立ち並ぶ、狭小住宅が多い
住宅街なのですが、新築工事の際、隣の家の屋根に無断で上る
職人がいたそうです。

そしてこれを見つけた隣人が注意すると、なんとその職人が逆ギレして、
隣人に罵声をあびせたそうです

(付近一帯に聞こえるほどの大声だったそうで…2件隣の母にも聞こえたそうです)。

その後も職人からも業者からも詫びのひとつもなかったということで、
隣人の我慢も限界になり、裁判を視野に入れての大問題になりました。

結果的には、ようやく事の重大さを知った業者が職人を引き連れて謝罪し、
問題の職人はその現場への出入りを禁止、ということでなんとか
おさまったようです。

この件は母を含め、近所の人は暴言をまともに聞いているだけに
皆隣人に同情的で、そして、施主そのものに罪はないと分かっているものの
やってきた時も複雑な感情を抱いていた、ということです。

いかがですか?

こういった、仕事にたいして緊張感もマナーもない職人に担当されてしまうと、
自分の家に問題が起きてしまう可能性が高くなるだけではなく、
いきなり近隣から白い目で見られてしまう、なんてことにも
なりかねないのです。

質の悪い職人は、施主にとっても周りにとっても、
百害あって一利なしですから、機会があれば、しっかり仕事ぶりを
見ておくのは大切なことだと思います。

建築現場への差し入れは必要?

家を建てるにあたって、気になることのひとつが、現場へお茶や
お菓子などの差し入れをしたほうがいいのかどうかということ。

まあ、これを先方から催促されることはまずなかなかないでしょうし
(というか、催促してくるようなところとは取引しない方がいいです^^;)
また「そんなことをしたところで、欠陥がなくなるわけでもないだろうし、
だいたいお茶やお菓子で手抜きをするかしないか左右されるなんて、
まずない」という感じで必要ないという考え方の人も結構多いようです。

ですが、私の考えは、「できるなら、した方がいい」です。
もちろん、何もこれで手抜きが予防できるとか、
そんな虫のいいことを期待しているわけではありません。

手抜きする業者は何をしても手抜きします。
じゃあなぜやった方がいいというのか?
それは、「ミスの可能性を少しでも減らせるから」です。

手抜きなんて考えていない人でも、集中力が切れたりして、
思わずミスをしてしまう可能性はあります。
私は、差し入れがそんな時のリフレッシュに役立つと思っているのです。
リフレッシュできればミスも少なくなりますよね^^

この考えは、私の身内にも数人、現場作業の従事者がいるから
なんですよね。みなさんも、仕事で疲れた時に、ちょっと気分転換に
飲み物を飲んだりしてリフレッシュすることがあるのでは?

ちなみに、お茶は自前で持ってきている職人さんも結構いますので、
どうせ差し入れるならお茶以外のものも含めた方がよろしいかと。

たとえば夏場はクーラーボックスに何種類か入れて好きなものを
飲んでもらうのもいいですし(私の周囲では炭酸飲料が結構人気です)
あと喜ばれるのは、冷やしたカットスイカとか、
アイスクリームあたりのようです。

もちろん冬は温かいものを。
どちらがいいか迷うような気温の時は、冷たいものを持っていった方が
無難でしょう。基本的に汗をかく仕事ですからね。

差し入れのタイミングとしては、午前10時と午後3時の休憩タイム前は
特に喜ばれます。特に午後の方は疲れがたまってくる頃ですから
もっともおすすめ。

ただ、ここで気をつけないといけないのは、差し入れなどを通じて
職人さんたちと打ち解けるのはいいですが、友達感覚にはならないこと。

あくまでこちらは仕事を頼んでいる側、相手は仕事をする側なのです。
常にチェックをするという意識だけはなくさないで下さいね^^

良好な関係で、相手からもいろいろ説明してもらえるような状態が理想的ですね。

建築現場のビデオと写真の撮影

ビデオカメラ

これはもう基本ですね。参考になるところかどうかなんて、分からなくても
かまいません。とにかく、思いつくかぎり写真やビデオを撮っちゃいましょう。

しかし、こういうことをすると、職人さんが「自分たちの仕事ぶりが
信用できないと思われている」と感じて、ヘソをまげてしまうから
やめた方がいい、という意見もありますよね。

確かに、「アラがないかどうか徹底的に見てやる気」満々という
態度をあまり出してしまうのは得策ではありません。
気持ちよく仕事してもらった方がいいに決まってますからね。

そんなわけで、こういうのはどうでしょう?
「せっかくですから、他の人の参考にもなるように、
ブログで建築日誌をやりたいと思ってるんです。

完成が楽しみで楽しみで。もちろん、○○さん(業者)のアピールも
しっかりやっていくつもりですから、期待してて下さいねー☆」

実際、建築日誌というのはやってみる価値があると思いますよ。
仕事ぶりをWEB上で公開するとなると、いつも以上に気を引き締めて
くれるかも。

あくまで、「欠陥するんじゃないかどうかの疑いチェック」ではなく、
「家を建てる喜びを発信する」という、好意的に見えるスタンスで
いくのがいいんじゃないかなと思います^^

家の床下の束は頑丈なのかチェック

家を建てるときの床下の束は、基礎とともに、床を支える柱として
大事な役割を果たします。

近年ではシロアリ被害をうけることのないよう、鋼製または樹脂製の束が
使われることが一般的です。この束がしっかり固定されていないと、
床はその床板だけでさまざまな加重に耐えなければなりません。

私が住んでいた賃貸住宅では、これがいいかげんだったために
床が本当に沈みましたから(苦笑)
その重要性は身にしみてわかっています^^;

束は垂直に立って、そしてしっかりと固定されている必要があります。
たとえば軽く蹴ってみただけで動いてしまうような束の施工は問題です。

きちんと施工されていれば、あなたの家の床を守ってくれる
頼もしい味方ですから、チェックしておきましょう^^

建物の各接合部分をちゃんと見る

建物の結合部分

正直な話、素人が建物の構造をみたところで、
詳しいことが分かるわけはありません。

しかし、「きっちり止めているか」ぐらいなら、見ることはできます。
職人さんの仕事にたいする姿勢は、こういうところをきっちりしているか
というところで判断できる部分がかなり多いと思いますよ。

家を建てる際、柱の固定や筋交い、梁の連結部など、
それぞれにおうじた金具でがっちり止めなければ
いけないところがたくさんあります。

各接合部分をよく見て下さい。素人目に見ても、
「ここクギで止めてるだけで大丈夫なのか?」と思えるところは
たいてい問題ありです^^;

あとですね…せっかく金具をつけていても、ビスが足りなかったり、
ゆるい仮止め状態のままになっていたりということもしばしばあるようです。

クギだけでは、ずれたりする危険性のありそうなところは
きちんと金具が使われているか。そして頑丈に固定されていそうかどうか。
この2点を見るだけでも、安心感はかなり違ってくると思いますよ^^

ちゃんと建物はまっすぐ建っていますか?

…タイトルを見て、「何を当たり前のことを…アホなことを聞くな」と
思われた方もいるかもしれませんが、これ、実は重要。

最初から歪んで建ってしまっている家だってあるのです。
本当にひどいのになると、家の真ん中部分がわずかに落ちこんだように
見えるものさえあるんですよ…家そのものの自重だけで。
恐ろしいものです。

そんな事にならないためにも、ある程度の骨組みが見えてきたら、
「少し離れたところから」全体をよーく見てみましょう。

実は、家の建築中のチェックで、この「離れて見る」というのは
意外に見落としがちなポイントらしいのです。

どうしてもこまごましたパーツ部分の出来ばかりが気になって、
全体のチェックがおろそかになってしまうんですね。

ここで、もし形に何か少しでも違和感を感じたところがあったら、
歪み・傾きなどがないかちゃんと調べてみて下さいね。

屋根の防水紙は下から上に貼る

つららがある屋根

防水に関する施工がきちんとおこなわれているかどうかも、
家の質と寿命を左右する大きなポイントになってきます。
家の中に水が入ってきてしまっては、一気に痛みを加速させて
しまいますからね。

まず、もっとも重要な屋根部分。
防水紙を貼っていくのですが、この貼り方は、
「横ばりで、下から順に貼っていく」ということです。
もしこれを上から順に貼ってしまうと、雨がどんどん入ってきてしまいます。

そして、隙間なく貼ればいいというのではなく、ある程度重ねて
貼らなければなりません。上下10センチ、左右20センチ以上の
重ね幅が必要です。

「そんな数値いわれても、屋根に上れるわけじゃなし、確認できないよ」と
思われる方は、双眼鏡持参で見られそうな部分だけでも見てみましょう。

防水紙には、重ね幅のガイドとなる線がひかれていますので、
その線を守って下から上に貼られていたらOKです。

外壁も同じく、下から上。ドア部分などの開口部には、防水テープが
貼られているかなども見ておきましょう。窓の周りにも
防水紙と防水テープがきちんと貼られていることが必要です。

あとはベランダですね。
ここは防水性にすぐれた素材を使うのが一般的なので、
仕様についてはよほどのことがないかぎり大丈夫だと思うのですが、
排水口のチェックをしておきましょう。

ポイントは、「2つあるかどうか」です。ベランダは屋外にあるものですから、
何だかんだと外から落ち葉やゴミが運ばれてきます。
それで排水口がつまってしまったら?もし排水口が一箇所だと、
雨が降ってもベランダがプール状。大変です。

2箇所同時につまるということはほとんどないと思われますので、
安心のためにも排水口の数はチェックしておきましょう。

断熱材はオススメです

さて、実際の生活を快適に過ごすためには家の断熱性も欠かせない要素。
この断熱性を左右する断熱材の施工チェックも欠かせません。

まず、一般住宅の断熱材としてよく利用されているのは
グラスウールやロックウールなどですが、こちらは断熱材そのものが
湿気を吸ってはいけないので、防湿性をもった袋の中に入っています。

室内から見て、「こちらの面が防湿面です」のような注意書きが
見えるかどうか確かめましょう。

また、この防湿面に大きな破れがあったりしたら必ず取り替えてもらうなり
補修してもらうなりしましょう。

…雑な作業で破ってさらに放ったらかしというのは最低の姿勢です。
そしてずれたり落ちたりしないように十分な対策がほどこされているかを
よく見ましょう。

グラスウールやロックウールの場合は、袋の「耳」の部分をステープルという
ホチキスの親玉みたいなので固定します。

もちろん固定が大事なのはこれら以外のどの断熱材でも同じことです。
きっちり止めておかないと、工事中期間程度では目立たなくても、
数年もたてば壁の中でずり下がったりはがれたり、
床下では垂れ下がってくるという目も当てられない状態になってしまいます。

そして、断熱材というものは、隙間なくびっちり埋めていかなければ
なりません。隙間はないか、入れ忘れはないか、きちんと見ておきましょう。
たとえ数センチ程度の隙間でも、あるのとないのとでは
快適性に大きな違いがでてきます。

断熱材は快適性を大きく左右する大事なものですから
きっちり見ておきましょう。

完成物件の竣工検査もチェック

家の内覧

さて、いよいよできあがりました、念願のマイホーム!
最後のチェックとして残っているのが、完成物件のお披露目ともいえる
竣工検査(内覧)です。

外側のチェックポイントとしては、まず外壁。ヒビがないかどうか、
浮きやへこみがないかどうかなどを見ましょう。

基礎はコンクリートの表面にモルタル仕上げをしていることが
ほとんどだと思います。モルタル表面の、髪の太さぐらいのクラック(ヒビ)は
さほど気にすることはないと思いますが、クラックが深かったり、0.5ミリ幅
(シャープペンシルの芯の太さ)を超えるようなものがあれば要注意です。

屋根なども見られる部分はヒビやズレなどがないか見ておきましょう。
双眼鏡を持っていくといいですよ。また、外構部分に傷や汚れがないか
などもチェックしておきましょう。

家の内側では、床鳴りがないかどうか。
これは特に重要なので、くまなく歩いて確かめてみましょう。
階段も同様です。

クロスのヒビは、これも髪の毛程度の太さなら問題ありませんが、
見た目はきれいな方がいいので、補修を頼みましょう。

しかしこのヒビが大きいようなら、壁そのものや構造に問題が
ある場合もあります。また、部屋の角の部分にズレが
生じていないかも見てみましょう。

また、クロスで浮きが気になる部分があれば、触ってみることを
おすすめします。

信じられないことですが、浮いたクロスを触ると手ごたえがなく、
はがすとそこは天井板が貼られていなかった、なんてケースもありますから。

天井裏も眺めてみます。
断熱材に隙間はないか、きれいになっているかなど。
天井裏にゴミや断熱材を放置していた業者とか、ありますよ…^^;

ドアの開閉がスムーズかどうかを確かめるのはもちろんですが、
閉めた際にドアとドア枠の間に不自然な隙間がないかどうかも
見ておいた方がいいでしょう。あ、ドアの下は数ミリの隙間があるのは
当然ですのであしからず^^;

窓・網戸の開閉も何度かやって確かめておきましょう。
ドアや窓の開閉で少しでも「かたい」と感じることがあったら
遠慮なく申し出ましょう。

台所・洗面所など、水はひととおり流してみて下さい。
その際カウンター下の扉を開けて、水漏れがおきてないかどうかも
チェックしましょう。また、こうした隠れた部分でヒビなどを発見する
ケースもありますのでよく見て下さい。

クローゼットのハンガーパイプや棚の固定も確かめておきましょう。

床下は、床下収納庫部分や、床下点検口などから見ることができます。
湿気がないかどうかを確認して下さい。

とにかく、思いつくところはすみからすみまで見て、
気になるところは忘れないようにメモをとるか付箋でも貼っておきましょう。

そして、調整や修正をしてもらう箇所を話し合い確認して、
合意するというわけです。このチェックの良し悪しも、
これからの快適性を大きく左右するポイントですので最後のひとふんばり、
がんばってチェックしましょう。

edit

人気の住宅ローンキャンペーン
住宅ローンオススメプラン
住宅ローンの減税制度について

cms agent template0035/0036 ver1.005