This page: > 住宅購入のアドバイス > モデルハウスについて

モデルハウスについて

ずっと夢だった、一戸建てのマイホームが欲しい!と思ったとき、真っ先に頭に思い浮かぶのがモデルハウスの見学会です。日曜日や休日になると、さまざまなトコロで展覧会が行われており、家族で見に行くと、ため息がでるぐらい欲しくなります。 モデルハウスと実際に建てる家の違いはどれぐらいのモノなのか?詳しく説明していきます。

モデルハウス購入はお得なのか?

モデルハウス

「○○○展示場のモデルハウスを、○○万円にてお譲りいたします」と
いった折り込み広告やチラシを見たことありませんか?

住宅展示場のモデルハウスは、大体5年前後で建てかえられるため、
その際にモデルハウスを販売する業者も多いです。

しかも、展示場モデルハウスといえば、あれだけ豪華に
立派につくられているというのに、たいてい1000万前後の
超格安で売り出されています。

抽選販売となりますが、「当たればもうけもの、ダメモトで申し込んでみよう」と
考えて応募する方も多いでしょう。

応募条件としては、これを建てられるだけの土地を持っているか、
あるいは当選すれば土地探しをきちんとできるか、
というところが一番のポイントになってきます。

そんなわけで、ほとんどの人は「当たったら土地を探そう」と考えて
応募するのですが…これがなかなかやっかいなんですよね。

なぜなら、モデルハウスをそのままの形で建てられる条件の土地なんて、
そうそう手が出るものではないからです。

そもそも、モデルハウスは大きいです。
一般住宅のほぼ倍ぐらいの大きさのものが多いのではないでしょうか。
当然それに対応できるだけの敷地が必要です。

展示場モデルハウスの、建物だけではなく敷地も冷静に見て下さい。
どれだけの面積を使っていますか?

それに敷地の形だって、きれいな四角形ばかりで、
間口もとほうもなく広いです。

しかも、展示場ではモデルハウスの前後が道路になっている
ケースも多いので、実際よりさらに余裕があるように見えてしまいます。

面積も間口も広くてきれいな四角形の土地。
これだけでも探すのは大変です。

そしてもうひとつは、モデルハウスの方角が、展示場でお客さんが
見てまわりやすい方向にむけて建てられているので、
物件によって接道面は東西南北バラバラです。

この接道方角もあわせた土地でないと、そのままでは建てられない
ことがほとんどです。これらの問題を無視して、無理にそのままの状態で
建てると、玄関が道路に面してなかったり、窓の位置関係で
日当たりがよくなかったり、なんてことにもなりかねません。

…これだけの条件が整った土地を用意できる人が、
一体どのくらいいるでしょう?結局は、大幅なプラン変更となり、
何だかんだとお金がかかってしまうのがオチではないでしょうか。

さらに言えば、モデルハウスはあくまで見せるために建てられた家です。
展示場モデルハウスを見ただけで、実際の使い勝手をきちんと
想定できている人が、いったいどれだけいるでしょうか。

以上のことを承知の上で、抽選に申し込むのならまったく
かまわないと思います。

抽選後のキャンペーンに、その場ではけっしてのらず、
家に帰って冷静になる時間をおいてから、じっくりと検討して下さいね。

展示場のモデルハウスは「家」じゃない?

モデルハウス

自分の家を建てたい!自分のマイホームが欲しいと考えた、
多くの人が業者選びの大きなポイントとしているもののひとつが、
住宅展示場にあるモデルハウス。

・・・しかし、展示場モデルハウスは、実際に施工する一般的な住宅より
ずっと広く、そして豪華に造られています。

「そんなこと言われなくても分かってるよ」という人も多いでしょう。

しかし、実際には分かっていない人が多いからこそ、
業者にとって効果があるからこそ、豪華なモデルハウスが
存在し続けるのです。

モデルハウスは、客に「こんなのは夢のまた夢だよなー」と
思わせない程度に、大きく膨らませた「家のイメージ」です。

「この家そのものは無理だけど、こんな『雰囲気』のものなら何とか」と
いったところでしょうか。だから本人も知らないうちに多少なりとも
幻想を持ってしまうケースが少なくないのです。

これはとある住宅メーカーの人が実際に話してくれたことですが、
本当に等身大のモデルハウスではお客さんが
来てくれないらしいんですよね…^^;

周りの他社の物件が豪華ですもん、実際見劣りしますよね、確かに。
住宅の検討を始めたばかりの人は、まずイメージをつかむことに走りがちで、
あまりに現実的で「夢」の部分が見えない物件には
寄りついてくれない、これが実態のようです。

つまりモデルハウスは、あなたに「おー、ここの家いい感じじゃん!」と
まず最高の第一印象を与えるのが目的で建っているんです。

ちなみに、モデルハウスではよく「完成見学会」などの案内などを
もらえることがあります。どうせ見るなら現実の家であるこちらの方が
よほど参考になります。どんどん行ってみましょう。

とはいえ、この見学会をおこなう家も、業者の判断である程度は
選別されていますけどね…

標準より多少グレードが高めの家が多いですから、
この点は留意しておきましょう。

分譲地のモデルハウスなら安心!?

豪華で「住むことが無い」モデルハウスではなく、
ある程度の規模の分譲地などに見られる「いずれは販売して誰かが住む」
モデルハウスならどうでしょう。

私の知っている中で、ちょっと興味深い例がありましたので
紹介しておきます。

数十軒規模の建売分譲&土地分譲をおこなっている分譲地に、
一軒のモデルハウスがありました。折りこみチラシを見てみると、
建物の広さも他の建売より10uほど広いだけ。

土地の広さに関してはほぼ同じぐらい。しかも角地といったような、
いい場所をとっているわけでもありません。

外観も周りの建売と比べても目立ったところはなく、
おおっ、これは本当に「等身大のモデルハウス」なのかなと、
興味を持って見ていたものです。

しかもこのモデルハウスは、住み心地を確認するために
体験宿泊までできるというものでした。そのころ私たちはもうすでに
家を所有しており、家の建築や購入の予定はなかったので、
この体験の参加資格はありませんでしたが、
この画期的なシステムに興味しんしんでした。

建売を買う人だけでなく、土地分譲で注文住宅を建てる人にも、
グレードを知るのにとてもいい参考になるだろうと思っていたからです。

1年ほど経過したころでしょうか?ついにそのモデルハウスが
売りに出されました。その売り出し価格を見てビックリ。

同じ分譲地の建売住宅がほぼ3000万円前後で売られていたのにたいして、
モデルハウスは4000万円台前半。

しかも、「何人もの人が実際に泊まった中古住宅」である上に、
「モデル」という性格上、周囲の自社建売住宅と価格を
大きく引き離すわけにもいきません(これでも十分差はありますが^^;)。

だから、この価格は業者としてめいっぱい安めにつけた金額と考えられます。

これらの点を踏まえて、これがもし新築で普通に販売する
ものだという前提で価格を考えてみた場合、かなりひかえめに想定しても、
5000万円前後にはなるのではないでしょうか。

さて、この「本来の価格は推定5000万前後レベル」の内訳を
考えてみましょう。立地から判断する限り、モデルハウスと
他の分譲地の土地価格差はほとんどないと思われます。

で、この分譲地ではだいたい土地が1500万円前後。
建売と同レベルに見えた外構・植栽分を差し引いても、
建物本体価格は3000万以上と推定されます。

これまたかなりひかえめに3000万円と考えても、
算出した坪単価はざっと70万円台後半。

さんざんひかえめに考えた価格でこれですから、実際は坪単価80万を
軽く超えるクラスではないかと思います。

注文住宅としても、ちょっとグレードが高めのレベルになりますよね。
購入層の金額レベルというのは、やはり建売の価格が
ある程度の水準を決めるのは事実だと思います。

注文住宅も、そこに1000万も足した金額程度までで
おさまるレベルのものが多いかと。

なのに、こんなに高い物件を「試しに泊まってみて下さい」って
言われても、本当の試しにはならないと思うんですが^^;

等身大に見えて、実は全然等身大じゃない。
最初から「ちょっと大げさですよー」というのが分かる
展示場モデルハウスより、こっちの方が「ずるいな」というのが
率直な感想でした。

このモデルハウスに泊まって満足して、同等のグレードだと信じて
建売を買ってしまった人、「見た目だけ」モデルハウスと
同じグレードで、実際はそれよりグレード・快適性の劣る注文住宅を
建ててしまった人に、今住んでいる家の満足度を聞いてみたいものです。

edit

人気の住宅ローンキャンペーン
住宅ローンオススメプラン
住宅ローンの減税制度について

cms agent template0035/0036 ver1.005