This page: > ライフプランと将来設計 > 住宅ローン選びとライフプラン

住宅ローン選びとライフプラン

ライフプランには生活費から子供の養育費、車、保険、娯楽費と考えなくてはならない資金がたくさんあります。金利や住宅ローン会社のキャンペーンに惑わされず家族のライフプランにあった住宅ローンを選びましょう。

資金計画の概要を決めよう

ライフプラン

これまでの

・自己資金から購入額を検討する
・毎月いくら返済できるか検討する

これらの2つの、正直言って面倒な手順を踏んで、
具体的なマイホームの価格、毎月の返済額や諸費用なども
はっきりと見えてきたことでしょう。
これらの目安を基にして、マイホームの資金計画の概要を
もう一度整理して、検討して、決めていきましょう。

実際に物件を探し始めて「コレいいかも?!」と思っても、
具体的な金額を算出してあれば、
入手が可能なのかどうか、検討対象かどうかなど、
冷静に、具体性をもって考えることができますよね。

住宅ローンを多く借りたり、預貯金を余分に崩したり、
無理をして家を購入してしまうと、
どこかでそのツケが必ず回ってきます。
これまでのステップでハッキリさせてきた現実を見据えて、
慎重に物件を選んでいきましょう。

新しい家を探すことは、大変ですが、
最も楽しい作業でもありますよね。

今後のライフプランを考えて再検討する

マイホームの資金繰りのことばかり目が行ってしまって
将来のことはちょっと忘れていませんか?

しかし、資金計画と切っても切れないのが、将来のこと。
今だけでなく、将来のことを考えるのも大切な作業です。

ちいさな子供を持つ家庭であれば、
それぞれの家庭ごとの教育プランもありますし、
自分の仕事のプラン、退職後のプランも
しっかり加味していかなくてはなりませんね。

資金計画は少しおいておいて、まぶたを閉じて、
将来の自分の姿や家族の姿を思い浮かべてみてください。
これらを実現していくためにもオカネは必要ですし、
将来のライフイベントに支障をきたすよう
マイホーム資金計画をしていては、
マイホームを持つ意味さえ疑問に感じます。

経済的なバランスのとれたマイホーム資金計画を
心がけることが大切ですよね。(^^)

住宅ローンのベストな選び方とは?

老夫婦

ここまで、将来のライフプランを見据えて、
返済可能金額をあらいだしたり、家計を見直したり、
マイホームの資金計画は立てることができたでしょうか?(^^)

マイホームの資金計画の概要がほぼ決まって、
住宅ローンをいくら借りたらいいかという段階に入りましたね。

住宅ローンの選び方のポイントとしては、
何度も言っていて、またと思われるかもしれませんが
「自分にあった住宅ローンを選ぶ」とうことが重要です。
しかしながら、100以上もあるパターンの中から
自分にあったものと言われても、選べるわけがありません。

住宅ローンには様々な種類があります。
各金融機関によって金利や諸費用などにそれぞれの差があり、
競争が激化しています。

そのなかから、自分にあったものを見つける方法を
ここでは紹介していきますね。(^^)

住宅ローンは買い物と捉えよう

住宅ローンについて、単純に
「家を買うお金を借りる」という感覚で捉えていないですか?

住宅ローンは何千万と言うオカネが動くにも関わらず、
「家を買うためには必要だし…」という感覚もあって
不思議と、受け入れることができるものなんですよね。

住宅ローンを借りる前に、ひとつ覚えておいてください。
それは、住宅ローン自体が大きな買い物であると言うことです。
「ローン=オカネを借りるのが買い物?」と
疑問に感じるかも知れませんが、ポイントは「巨額の利息」です。

住宅ローンでは、マイホーム購入に必要なお金を借りるのですが、
3000万円を3%の利息で35年間借りると、
なんと2000万円の利息になります。
もちろん、この利息は払わなくてはなりませんよね。

そう、支払総合計はなんと、5000万!!
家を買うのに借りた資金に加えて、
2000万円も余分に払うことになるのです。

これを言い換えれば、
「2000万円を払って、3000万円の家を買う」
ということですよね。(@o@;)

このように、住宅ローンには、巨額のコストがかかります。
住宅ローン選びも、大きなお買い物をするという意識を持って
慎重に選ぶようにしましょう。

住宅ローンを主体にしないで考える

住宅ローンを勧める金融機関

一般的な。住宅ローンの選び方ですが、
「営業マンや金融機関で勧められたから」という理由が
やはり、多く上がります。

そりゃそうですよね、相手はプロですもの。(^^)
家を買うついでに、勧めてくれるもので
契約が進んでいくのは当たり前の流れですし、
コチラもも詳しくなんてわからないし、どうして良いか…で、
それを期待していますよね。

そうそう、私の場合、恥ずかしながら車の保険と同じかも…(^^;;

他にも「キャンペーン金利に惹かれて」という意見もあります。
そうですよね、安いんですよね、金利は安いほうがいいですもの。

ね、私もキャンペーン大好きです♪

これらは、住宅ローンを選ぶ際、有効な手段でないとは言えません。
しかし、自分にあっているかどうかという観点から
住宅ローン選びを考えると、これがベストで良い方法かといえば、
うーんと、疑問が残らなくもありません。

いずれにせよ、一番大切なことは、
安いから、いいと聞いたからと住宅ローンを主体に考えず、
資金計画にあった住宅ローンを選ななくてはならないのです。

住宅ローンを比較するポイント

100パターン以上もある住宅ローンを選んでいく中で、
まず、それぞれを比較するポイントを
イチバン知りたいのではないでしょうか?

ええっ、「早く教えろ?!」…で、ですよね。(^^;;

最終的に返すお金を決めるのは「金利」です。
この金利、やはり重要視する必要がありますよね。
ですので「金利の種類」と「適用金利」が
最大のポイントです。

そして、次に「諸費用」。
借入をするときに必要な諸費用だけでなく、
繰上げ返済をするときも諸費用が必要になります。
これもチェックが必要ですよね。

もうひとつは「返済方法」です。
元利均等返済か、元金均等返済かといったところです。

それぞれの用語については、
これから詳しくご説明していきますね。(^^)

今がチャンス?人気の住宅ローンとは

今、住宅ローン減税や住宅価格の下落に金利水準も過去最低水準に・・・
住宅を購入するタイミングとしては、とても良いタイミングですよね。

そんな中で住宅ローンもネット専業系の住宅ローンも充実して、
各社のプランも把握するだけでもとっても大変・・・。

基本の金利タイプに加えて、ミックス、期間特約、預金連動に
事業主や女性、シニア、子育て支援などプランは様々。

片っぱしからプランを検討していくのは大変なので、
それなら、「多くの方が選んでいる人気の住宅ローンは何なのか?」

そこから住宅ローンを探していけば、より労力も少なくて済みます。


住宅ローンのプランと言えば、大きく「変動タイプ」か「固定タイプ」。
まずは、どちらを多くの方が選択しているのか?

そこから有利な住宅ローンを考えてみましょう。

現在は長期的に低金利が続くと見ている方も多いので、
当サイト経由で住宅ローンを検討している方のほとんどが、
「変動タイプ」を選択
しています。

実際に過去数年を遡ってみても、金利はそれほど上昇しておらず
変動金利を選択した方が有利とみるのは当然かもしれません。

現在の住宅ローンの金利は概ね店頭の変動金利で2.3%〜2.8%、
各社店頭金利から−1.0%〜−1.5%となっています。

つまり実際に適用される金利は0.875%〜1.7%前後。
(※2011年08月実行金利参考)

10年以上の固定金利が概ね3%前後なので、
この数年間の金利推移を考えても
変動金利タイプが人気となっているのも分かります。


そこで、変動金利タイプに着目して金利や手数料を含めた
トータルコストと各種保障内容で人気の住宅ローンを探します。

まず最も皆さんが気になる金利で比較します。

2012/08 新生銀行 住信SBIネット銀行 三井住友銀行 イオン銀行
基準金利 1.600% 2.775% 2.475% 2.370%
通期変動金利 - 0.865% - -
当初1年固定
特約金利
0.98%(半年) - - 0.8%
特約期間終了後 基準金利より
-0.4%
- - 基準金利より
-1.0%
当初5年固定
特約金利
1.500% 1.320% - 1.380%
特約期間終了後 基準金利より
-0.4%
基準金利より
-0.7%
- 基準金利より
-1.0%
当初10年固定
特約金利
1.55% 1.34% 1.90% 1.78%
特約期間終了後 基準金利より
-0.4%
基準金利より
-0.7%
基準金利より
-1.0%
基準金利より
-1.0%
最低金利 0.980% 0.875% 1.900% 0.800%


新生銀行、住信SBIネット銀行、イオン銀行金利が目立ちます。
都市銀行の場合は多くが「保証料」と「事務手数料」が必要になり、
頭金20%以上等の条件や返済中にも繰り上げ返済などで手数料が必要です。

また適用金利については特約期間後の金利も重要なポイントです。
借入時の金利は低くても、特約期間が短く終了後の高い金利が長ければ
結局多くの金利を支払う事になってしまいます。

また借入金利以外の手数料や保障特約、住宅ローン特典も重要なポイント。

手数料等を比較したのが以下の表です

2012/07 新生銀行 住信SBIネット銀行 三井住友銀行 イオン銀行
保証料
(35年・3000万円)
無料 無料 約720000円 無料
保証料
事務手数料
- - 31500円 -
事務手数料 50000円 借入金額の2.1% - -
団体信用生命保険 銀行負担 銀行負担 銀行負担 銀行負担
保証人 必要なし 必要なし 必要なし 必要なし
一部繰り上げ
返済手数料
無料 無料 15750円(窓口)
無料(ネット)
無料
プラン変更
手数料
5000円 無料
条件変更5250円
15750円 無料
疾病保障付き
住宅ローン
- 銀行負担 - 0.3%金利上乗せ
住宅ローン特典 銀行手数料特典 - 銀行手数料特典 イオンの買い物が
毎日5%OFF


ここまで検討すると、まず一般的な住宅ローン手数料では 「新生銀行」「イオン銀行」が事務手数料や保証料面で有利です。

また特典も見逃せないポイントになります。
新生銀行は新生プラチナ(最上位口座ランク)が適用されるので、
毎月10件まで振込が無料になったり、預金金利が優遇されたりします。

イオンの住宅ローンも、よくイオンでお買い物される方には有利。
お客様感謝デーの5%割引も適用となるので合わせれば10%になります。
この日に毎月3万円の買い物をするなら、毎月3千円が戻る計算です。
年間にすれば3万6千円、30年なら・・、面白い特典です。

住宅ローンの保証部分に注目!


ここで更に保証部分も検討してみましょう。

現在、住信SBIネット銀行では上記で紹介した金利に加えて
さらに就業不能になった場合の返済保証などの保障プランも非常に充実しています。

イオン銀行も疾病保障付き住宅ローンがありますが、
こちらは0.3%の金利上乗せを考慮する必要があります。

住宅ローンは長期の返済となりますから、
繰り上げ返済やプラン変更の手数料などはもちろんですが、
就業できなくなった場合や病気など、万一に備えることも重要です。

最もお得な住宅ローンは?


「金利+手数料+借り入れ後手数料+保障内容+返済中手数料+特典」

さすがに人気の住宅ローンだけあって、各社魅力があります。
表面的な金利も重要ですが、最終的には総額を各社でシュミレーションし、
返済中の手数料や特典なども加味して決定するのがベストです。


住宅ローンは基本的に仮申し込み、審査、借り入れ実行までに
かなり時間が掛かるものです。

金利は借入実行時の金利が適用されるので、
各社の最新の金利や実際に借入するタイミングで適用となるのか?等、
シュミレーションと共に早めの確認が大切です。

現在の各社の金利やキャンペーンは以下のリンクから確認できます。
借入条件や細かな金利プランもチェックしてみて下さい。

新生銀行 最新金利⇒

住信SBIネット銀行 最新金利⇒

三井住友銀行 最新金利⇒

イオン銀行 最新金利⇒

edit

人気の住宅ローンキャンペーン
住宅ローンオススメプラン
住宅ローンの減税制度について

cms agent template0035/0036 ver1.005