This page: > 返済プランを考える > 住宅ローンの返済プラン

住宅ローンの返済プラン

住宅ローンの返済プランを決める際の元利均等返済と元金均等返済とは?。返済期間と審査の関係や返済期間設定時の繰上げ返済の考慮について

元利均等返済と元金均等返済

住宅ローンの返済プラン

ここで「元利均等返済」と
「元金均等返済」という言葉が出てきました。

また、双子のような…ね、わかりにくい…(^^;;

これは、住宅ローンの返済方法です。
元利均等返済はどの住宅ローンでも選択できるのですが、
元金均等返済は選べない場合もあります。

それぞれ、どういった返済方法かと言うと、

元利均等返済は「毎回の返済が同じ」
元金均等返済は「毎回の返済額のうち、元金が同額」

ということを表しています、うーん、わかりにくい。(^^;;;;

もっとまとめると…。

元「利」均等返済は、最初から最後まで、毎月の支払額は同じです。
これは返済計画が立てやすいですよね。
元「金」均等返済は、最初は返済額が多いのですが、
毎回の返済額が少しづつ減っていきます。
後から楽になってくる返済方法なんです。

で、結局はどっちがいいかということですよね。(^^)

それぞれ支払い方法での総支払利息金額で比べると、
元金均等返済のがずっとお安くなります。

住宅ローンの支払い方法の選択が可能で、
返済初めの支払額が多くなってしまっても
家計に負担がかからない、余裕がある場合は
元金均等返済も検討することをオススメします。

元金均等返済は選択前に検討を

返済方法のひとつ「元金均等返済」は、
返済総額が一般的な「元利均等返済」より少なく済みますし、
家計に余裕があるのならば、オススメの返済方法です。

金額が多いのは最初だけ、どんどん楽になるから…(^^)

これ、本当でしょうか?

いえ、間違ってはいません。でも少し誤解があるんです。

実は、なかなかどんどん返済額が減らないということ。
グラフを見るとしっかり減っているように見えますが
元利均等返済の返済額を下回るのは、
10〜15年経過した時点なんです。

最初は余裕があって「元金均等返済」にしたものの
思ったように金額が減っていかず
予測していなかったライフイベントの発生により、
返済が苦しくなるケースがあります。

こんな思わぬ自体を防ぐための案がひとつ。
返済方法は「元利均等返済」にしておいて、
余裕分を、繰り上げ返済に回していく方法あります。
これもぜひ、併せて検討してみてくださいね。

ボーナス返済には一考を

ボーナス

家だけでなく、車やショッピングのローンの返済を考えるとき、
誰もが、ボーナスをアテにするのではないでしょうか?(^^)

いえいえ、悪いことではありませんよ、
私の先輩なんか、車のパーツのローンで、
3年後ぐらいまでのボーナスがあたっていましたから。(^^;;

わ、私も、もちろんアテにしたこと、あります。

ボーナス返済は、毎月の返済額を減らすためには有効な手段です。
まとまってオカネを払えるので便利ですよね。

しかし、ボーナスぐらいは、残しておいて欲しいのです。
長期に渡る住宅ローンだからこそ
アテにしないのが懸命ではないでしょうか。

まとまったオカネが必要になる場合もありますし、
勤務先の業績によっても、ボーナスが変わることが
当たり前になってきました。
将来的に、ボーナスがない企業へ転職があるかもしれません。

ボーナスで返済することを考えるなら、
貯めておいて、繰上げ返済にする方法をオススメします。
どうしてもボーナスでの返済をするのならば、
1〜2割程度の金額に押さえるようにしましょう。

返済期間は長めがベター

返済期間は長めというタイトルを見て
「何故?」と思われた方もいらっしゃいますよね。

そうですよね、返済期間が短いほうが、
その分、利息が少なくなるのですから、絶対にオトクです。
毎回の返済額に問題がなければ、
できるだけ短く支払を終えられるようにして頂きたいのですが、
実は「ある理由」がある場合、
故意にちょっと長め設定を選ぶのもアリなのです。

返済期間を長くすると、返済負担率は減るので、
住宅ローンの審査が通りやすくなる。

今後の支出を考えて、毎回の負担額を減らしたい。

このような理由がある場合は、少し長めがオススメです。

また、返済期間を短くすることは
繰上げ返済を使えばカンタンなのですが、
逆に長くするのは困難です。
返済が難しくなったときに、容易に延ばせないので、
まずは無理なく長めにしておいて、
余裕分で繰り上げ返済の積み立てをしながら、
月々の返済を行うのも良いでしょう。

edit

人気の住宅ローンキャンペーン
住宅ローンオススメプラン
住宅ローンの減税制度について

cms agent template0035/0036 ver1.005