This page: > 返済プランを考える > 毎月いくら返済できるか検討する

毎月いくら返済できるか検討する

実際にマイホーム購入の資金計画を立てる際に目安になるのが毎月の返済額ですよね。毎月の返済額はいくらで設定すれば良いのか?返済負担率や完済時の年齢も考慮して家庭の経済状況から毎月の返済額を設定してみましょう。

毎月どれだけ返済できるか見極めよう

住宅ローンの返済計画

マイホーム購入のときの大きなポイントとして
「あの家が欲しいから、毎月いくら払わなくては」ではなくて
「毎月このの金額なら無理なく返せるから、この家にする」です。

一般庶民はこの流れに逆らってはいけません。
何度も言いますが、これがマイホーム購入の流れなのです。

毎月どれだけ支払えるのかということを、
まずハッキリさせていく必要がありますし、
これはマイホーム購入にあたって、とても大切なことですよね。

具体的な検討方法として3つご紹介していきますので、
色々な角度から、現在の自分のお財布状況を見ていきましょう。

1)住宅費割合の25〜35%で検討する
2)現在の家計から検討する
3)返済負担率から検討する

それぞれの方法について、後述で詳しく説明していきます。(^^)

住宅費割合の25〜35%で検討する

まずは、イチバン簡単な方法として、
自分の手取りの給料金額から返済額を検討していく方法です。

ご自身の年収額は解りますよね。(^^)
ここでは、手取り額をもとに計算していきます。

ここでは住居費というコトバを使うのですが、
この住居費の中には、住宅ローンの返済額の他に、
住み続けることによって発生する諸費用である
固定資産税や都市計画税や、マイホームの維持費なども含みます。

住居費の理想的な金額としては、年収の25〜35%程度です。
35%を超えると、ちょっと多すぎますので、
目標25%、理想的なのは30%強といったところでしょうか。

単純計算になりますが、例えば、
手取り月収50万円の人で、住居費を30%とした場合、
(5%は諸費用、25%は住宅ローン返済)

年収が600万円になりますので、
住宅ローンの返済は、年額150万円(月額12万5千円)、
諸費用は、年額30万円(月額2万5千円)です。

このように、具体的な金額を算出することができますね。

現在の家計から検討する

家計簿

マイホームを購入しようと考えている人が、
アパートや社宅などで現在暮らしている場合、
月々の家賃などを元にして、
住宅ローンの返済額を検討することができます。

これは、毎月実際に払っているわけですから、
非常に解りやすいですし、現在の支払額との比較も
容易にできることでしょう。

方法としては、カンタンに家賃だけで考えるのではなく、
住みかを維持するために使っているお金も合算しましょう。
管理費や駐車場代、契約更新料、火災保険料なども
全てあらいだしてみてくださいね。

まず、年毎に必要なお金と、1年分の家賃を合算して、
12(ヶ月)で割ると、1ヶ月の住居費支出が算出できますね。

そして、算出した毎月の住居費から、
諸費用(修繕費や保険料などに月2.5〜3万円)を
差し引いた金額が、住宅ローンの返済額の目安となります。

もし、マイホームの積み立てもしているならば
教育ローンや、住宅ローン繰上げ返済のための積み立てに
組み替えると良いですよね。(^^)

返済負担率から検討する

これらの作業が「ええい面倒!!」と言う場合、
住宅ローンの審査基準の返済負担率を参考にして、
検討するのも良いでしょう。

返済負担率とは、年間の住宅ローンの返済額を
年収で割ったものです。

年収600万円で、他に借入がない場合は
返済負担率が35%で月額17万5千円、
30%だと月額15万円となります。
この方法は「毎月いくら払えれば借りることができるのか」
ということが、イチバン解りやすい方法ですね。

しかし、前述の2つの方法に比べると、
随分大雑把な感じも、なきにしもあらずで…(^^;;
このように返済負担率から検討する場合、
審査の年収は額面で計算されるので、
色々引かれて手元に残る金額とは、差が出てしまいます。
また、他に何かのローンの支払をしている場合は、
その金額も加算する必要があるので、
試算するときに忘れないようにしましょう。
この2点には注意してくださいね。

返済額の目安がついたら最終検討

返済額の検討OK

住宅ローンの毎月の返済額の目安がついたら、
やっと具体的な住宅ローンの借入額の検討に入ります。
これもやってみるのが早いですよね。(^^)

とりあえず、というとおかしいのですが、
3000万円を借りる想定で説明をしていきます。
利息は3%の全期間固定金利とします。

この場合、毎月の返済額は、
20年で16万6千円、30年で12万6千円です。
検討してきた住宅ローンの返済額と比べることで、
借入額が現在の家庭経済状況にに比べて多いのか少ないのか
また、いつ頃完済できるのかと言うことも解りますね。

そして、重要なことですが、
「完済時は何歳になるか」確認してください。
今はいいのですが、60歳で退職することを前提とすると、
完済時の年齢が60歳以上になってしまった場合、
貯蓄や、年金などに頼ることになりかねません。
現在、年金の支給は65歳からですので、
無給になる期間の支払を考えると、
やはり退職までには、完済するのが理想的です。

edit

人気の住宅ローンキャンペーン
住宅ローンオススメプラン
住宅ローンの減税制度について

cms agent template0035/0036 ver1.005